一般財団法人 誠仁会
>> HOME
>> ご意見・お問い合せ受付窓口
一般財団法人 誠仁会は、入院・外来患者さんへの救援と、診療・教育・研究の助成を目的として設立された法人です。
ご挨拶 誠仁会のあゆみ 業務内容 定款について 事業・財務内容 交通の案内 誠仁会事業のしくみ その他 リンク集
事業・財務内容

HOME > 事業・財務内容 > 平成30年度事業計画

事業の概要
評議員・役員名簿
貸借対照表
事業計画書
平成27年度事業計画
平成30年度事業計画
 誠仁会は、限られた国の予算で、特に患者さんを中心とする病院の構成員に有形無形のサービスを提供・継続していくのは大変なことであり、これらを補完・助成するため昭和48年に設立され、文部科学省、大学の指導のもとに、医学研究の奨励及び助成、病院運営に対する寄与、患者さんに対するサービス事業を推進してきました。
そして平成16年の医学部・附属病院の新築移転に当たっては、大学と共同して補完事業の拡充に取り組み、平成24年4月1日には新公益法人制度に適応するため数年来の準備作業を経て非営利の一般財団法人へと移行しましたが、移行後も本会の目的に変更はなく引き続き岐阜大学への寄与、貢献に邁進しています。
 平成25年度に、岐阜大学医学部・同附属病院の再整備事業の一環としてアメニティ事業の見直しが企画され、ローソン、タリーズのフランチャイズ方式での運営開始以来5年目を迎えています。その後、事務室の1Fへの移転、職員ラウンジ等の寄付を行うとともに、介護・医療用品売店の開業に至って、事業の安定と実績改善のための運営努力を重ねています。平成28年度には、リース期限を迎えた病床テレビ、冷蔵庫等のレベルアップ更新を行い、テレビでの病院案内を制作するとともに、利便強化のためにICカード(サーブカード)追加入金機を増設して患者サービスの向上に努めました。さらに広報活動充実のため広報誌を2回発行して本会の取り組みをアピールしています。
 さらに、移転後10年を経て顕著となった医学部・病院地区の駐車場狭隘化問題への具体的対応策が企画され、平成28年度には外来患者駐車場の拡大と有料化、平成29年度には、構外農地の整備賃借による職員駐車場の増設と一部指定駐車枠の設定等の施策が実施されました。本会は大学と一体となってこれに取り組み、全面的に協力しました。
 平成30年度は、事業の安定運営のみならず病院機能充実の観点から、病院との緊密な連携の下に、介護・医療用品売店事業の拡充を起点とした入院関連アメニティの新規事業に取り組むこととしています。
 一方、本会のアメニティ事業の中核となる販売関連事業では、国内市場でも取り上げられているように要員確保が深刻な課題となり人件費問題として浮上しつつあり、従来の果実還元を維持すべく運営努力を重ねる所存ですが、課税問題を含め還元の在り方も検討課題となってきています。さらに国立大学法人の収入確保に視点を置く会計検査院の指摘等により、他国立大学病院財団法人で見られる事業縮小化動向への対応等も本会の重要課題であります。
 本会としてはこれらの諸問題をクリアし、すべての面において資質の向上、改善合理化を図り、更なる岐阜大学への寄与、貢献ができる財団として押し進めてまいります。
HOMEご挨拶誠仁会のあゆみ業務内容定款について事業・財務内容交通のご案内誠仁会事業のしくみその他リンク集